MIBTIとは

わたしたちMIBTI
(Myanmar International Business Training and Internship General Service Co.,Ltd.)は
ミャンマーでの人材募集から面接、人材管理、
育成、送り出しを行っています。
送り出し後も日本滞在のミャンマー人が
受け入れ企業と派遣者を徹底フォロー。
ミャンマー帰国者については
ミャンマー国内への就職もサポートする
他に例を見ない人材一括サポートを提供しています。

日本人正社員雇用で困っている中小企業様向けに、
20年ミャンマーで事業を行う実績と経験から
作り上げた全く新しい独自の日本企業向けの
育成プログラムを行っております。

介護士派遣

介護士派遣

ミャンマー医師会OBらと提携。介護士訓練、日本語教育し派遣します。

▸ 詳細はこちら

エンジニア派遣

エンジニア派遣

ミャンマーの難関大学を卒業した
エンジニアらに日本語教育し派遣します。

▸ 詳細はこちら

学校案内

学校案内

試験用の日本語ではなく、仕事で使える
日本語教育を目指しています。

▸ 詳細はこちら

会社概要

会社概要

1998年起業。ミャンマーの老舗企業として
活動するJ-SAT・MIBTIグループ。

▸ 詳細はこちら

MIBTIだからできるミャンマー人材紹介の5つの特長

  • 1面接済み大卒登録者数13,000名以上(2016年2月現在)保有するミャンマー国内日系企業人材紹介
    No.1のグループ派遣会社を使って求人
  • 2ミャンマー全国主要12国立大学提携し最高学年生徒全員対象講座を毎年実施
  • 3ミャンマーでは会話重視のオリジナルテキストを使用し効率良い日本語教育と日本での労働現状やビジネスマナーなどを取り入れた教育システムと管理
  • 4日本受け入れ前から日本在住ミャンマー人が受け入れ企業へのフォロー、受け入れ後のミャンマー人をミャンマー人がサポート
  • 5実習生について、日本帰国後のミャンマーでの日系企業就職をサポート

サービスの流れ

ミャンマー人材が日本で働く
法的枠組み

  正社員 技能実習生
ビザ 就労ビザ
(技術・人文知識・国際業務)
就労ビザ
(技術・人文知識・国際業務)
主旨 特定の分野において、技術や知識、あるいは経験を持った海外人材に、日本で就労し、能力を発揮してもらい、活躍してもらうこと 特定の分野において、日本の高度な技術を一定期間就労・習得し、帰国後、習得した技術を自国の経済・産業発展に役立てること
(技術移転)
ビザ
要件
日本で行う業務内容と現地卒業学部、もしくは現地就業経験に深い関連性があること ・現地にて、150時間以上の日本語教育を受ける
・日本国内にて管理団体(組合など)が入国
・滞在時の監理を行う・学歴は問わない
就労
期間
無期限
(ただし、原則1、3、5年などビザの期限ごとに更新)
原則3年
(一部業種については、3年目に基準をクリアすると、2年延長可能)
分野 CAD、IT関連、エンジニアリング、貿易、通訳など 農業、漁業、建設、工場、介護(未定)、工場(板金、電気、塗装、繊維、食品加工)など128分野

ミャンマー人採用 事例企業
※2015年〜2016年度

自動車車検・修理・販売店(青森県/福岡県/兵庫県/大阪府)、農機具修理・販売店(和歌山県)、電子製造メーカー(一部上場)(群馬県)、行政書士事務所(兵庫県)、製パン販売・工場(兵庫県)、物流企業(大阪府/タイ)、システム開発(東京都/福岡県)、建設会社(北海道)、自動車修理(東京都)

▸ 弊社からミャンマー人材を採用した事例はこちら

イメージ
J-SAT/MIBTIの最新情報と、ミャンマー人材情報をお届け!

毎月10日に発行されるJ-SAT通信。最新労働ニュースやお勧め人材リスト[英語・日本語]、独自のアンケートや集計などによる人材関連特集など掲載。 弁護士による労働関連コメントも掲載。(無料ダウンロード可能)
→サンプルのダウンロードはこちら [PDFファイル 573KB]

▸ 配信ご希望の方はこちらまで